2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

くまつま

Author:くまつま
転勤族の夫を持つ
くまつまの日記です。
くまさん(夫)
長男(高3)
長女(中2)

FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
久しぶりに読み聞かせの話題
今年度11回目の読み聞かせ。

今日は6年生のクラスへ。

ちょっと深い話で

この時期になったら高学年で読みたいと思っていました。

hon24

「世界で一番の贈りもの」マイケル・モーパーゴ作 評論社

戦場の最前線でイギリス兵とドイツ兵が
クリスマスの1日だけ
酒を飲み、話し合い、笑いあい、サッカーをして楽しんだと言う内容のもので
第1次世界大戦中イギリス兵の夫が妻へあてた手紙のお話。

いわゆる『クリスマス休戦』です。

普通の市民が兵士となり、お互い平和を願いながらも

殺しあわなければならなかった気持ちを考えると切ないです。

練習では泣けてしまって読めなくなったけれど

本番は緊張もあって声が詰ることなく終われました。
スポンサーサイト


 
3年生のクラスへ
今回の読み聞かせは

hon20


『あのときすきになったよ』 薫くみこ作 教育画劇

いつも怒ったような顔をしてあまり話さないクラスメート。
時々おしっこを漏らしてしまうので付けられたあだ名は「しっこ」。
「しっこ」さんの事が好きではなかった私が
ある出来事をきっかけに「しっこ」さんと仲良くなり始める。
ある日、私が教室でおしっこを漏らしてしまう。
その時しっこさんは・・・

苦手だった子と徐々に仲良くなっていく様子にほんわかします。
あのときってどの出来事かなぁ?

『いいたくない』 かさいまり作 チャイルド本社

喧嘩をしてしまった、くまくんとうさぎくん。
「ごめんね」なんていいたくない!

仲直りしたい気持ちとごめんねをいいたくない気持ち。
喧嘩した時ってこんな感じですね。

『こんにちワニ』 中川ひろたか作 PHP

hon21


「こんにちワニ」
「どうもすみま せんぷうき」等言葉遊びの絵本。
hon22



 
4年生のクラスへ
今年度2度目の読み聞かせ。

今日は4年生のクラスへ。

hon19


『はじめてのお釈迦様のお話』 ひろさちや監修 PHP

の中から1話

 ・あわてんぼうのウサギ

やしの木の下で休んでいたウサギはふと
大地が壊れたらどうなるんだろう?と考えた。
そこへ運悪く、ウサギの背後にやしの実がドスンと落ちる。
音に驚いたウサギは慌てて逃げ出し、それを見たほかのウサギが何で逃げているのか尋ねる。
「大地が壊れ始めた!」と聞いたウサギも「それは大変だ。」と一緒に走り出す。
ウサギの群れを見たシカの群れ、サイ、トラ、ゾウまでも大変だと走り出す。
それを見たライオンは「大地が壊れるのを誰が見たのか?」とゾウに聞く
ゾウはトラがトラはサイが知っていると答える。
最初のウサギと音がした場所に言ってみると落ちて割れたやしの実が落ちていた。

噂を信じる前に自分で真実を確かめようというお話。

最近、9月13日に大地震が起こるって噂が子供達の間で流行っていて

みやりんも心配してる。

この噂に引っ掛けてこのお話を選んでみた。

もちろん、大地震や台風等非常時の準備はとっても大事だよ。


『たいせつなきみ』 マックス・ルケード作 フォレストブックス

ひとりの彫刻家が作った、たくさんの木のこびと達が村に住んでいた。
こびと達はお星様シールとダメじるしシールを持って歩き
かっこいいこびと、力持ちのこびと、歌が上手なこびとなどにはお星様シール
見た目が悪い、何にもできない、ぶきっちょなこびとには
ダメじるしシールを貼って毎日過ごしていた。
ダメじるしシールばかり貼られ「あいつはダメなこびと」といわれていたパンチネロ。
自分でも「どうせぼくはダメなこびと」とつぶやき
ダメじるしシールがたくさんついた仲間と過ごす。
ある日、パンチネロはお星様もダメじるしもついていないこびとに会う。
その子はシールを貼ろうとしてもシールがくっつかずに落ちてしまう。
自分もそうなりたいと思ったパンチネロは自分を創った彫刻家を訪ねる。
彫刻家は優しくパンチネロを迎える。
「まわりがおまえをどう思おうとかまわない。
私がおまえを大切に思っていることが大事なんだ。」
「自分がシールを気にするからシールもおまえにくっつくのだ。」とさとす。
パンチネロがこの彫刻家の話は本当だ、と思ったとき
ダメじるしシールが1枚からだから落ちる。


 
初読み
1年生のクラスへ。
3冊読んできた。
hon18

『きょうはなんて うんがいいんだろう』宮西達也 すずき出版

もりでたくさんのブタが昼寝をしているのを見つけたオオカミのウル。
「きょうはなんてうんがいいんだろう」
運が良いことが次々と起こり
「きょうはなんてうんがいいんだろう」が繰り返し出てきます。
最後
運が良かったのはウルだけではありませんでした。いったい誰が?

『もっとおおきなたいほうを』二見正直 福音館書店
『これは のみの ぴこ』谷川俊太郎 サンリード

「これはのみのぴこ」では
途中から子供達も一緒に読み出した。
1年生かわいい♪


 
猫背といったら?
読み聞かせは6年生のクラスへ。
コウテイペンギンのおやこ」内山晟 ポプラ社
コウテイペンギンの子育てをとらえた写真絵本です。

「ねずみのよめいり」日本民話 すずき出版
「てんぐめし」さねとうあきら 世界文化社

コウテイペンギンは興味なさそうな子もいましたが
民話や昔話は高学年の子も引き込まれるようですね。



夜、入浴中の出来事。

みやりんの髪をシャンプーしながら

「もうちょっと、背筋を伸ばして。猫背になっているよ。」

シャンとしながら

「猫背ってさぁ、カンガルーも猫背っぽいよね~。」

あ~・・・

いや・・・

何で猫背のたとえがカンガルー?



 
リンク
最近のコメント
ブログ内検索
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。